無料でメル友が欲しい方のための掲示板【myqride.com】

メインイメージ

なかなか出会いのない人たちへの味方

2014-10-21

日常生活で出会いのない男女が出会いの場を求めて出会い系サイトに集まります。

出会い系サイトでは、まずメールのやり取りの中で自己紹介からスタートし、お互いを知っていくのですが、顔も姿も見えないメールでのやり取りなので、そのメールに書かれている内容が本当の事なのかは信じるしかありません。

しかし、嘘をついているかどうかは日常であっても分かりませんよね。

直接話した言葉であっても。

人間は大なり小なり嘘をつくものです。

ですから、メールの出会いも日常の出会いもそうゆう意味ではなんら違いはありません。

しかし嘘をついているなと最初から疑ってかかるのでは、2人の距離は縮まりませんよね。

相手を信じる、相手から信じてもらう。

そうやって信頼関係を築いていく方法しかないので、まずは信じてみてください。

そして信頼関係が築かれると、いよいよ対面ですよね。

メールのやり取りの回数がどれぐらいだと対面するというルールはありません。

お互いが「会いたい」と思った時にあえばいいと思いますが、メールのやり取りが長くなってくるとメル友のような関係が定着してしまい、逆にきっかけがつかめない・・・・・なんてケースもあるかもしれません。

そんな時は季節に応じたお誘いをしてみるのはどうでしょう?例えば春ならお花見、地域性もあると思います。

愛媛県ならみかんが有名なので、みかんの時期にみかん狩りに誘ってみるのもいいかもしれませんね。

きっかけさえあれば、意外とスムーズに出会えるものです。

地域色を生かしたお誘いなんか成功率が高そうですよね。

フリーター女性とメル友

ではフリーターの女性の場合はどうでしょうか。

フリーターとひとくくりにしてみても、その中には実に様々な人が含まれています。

まずはどんなアルバイトをしているのか、どんなことをしているのか、色々聞き出したいところです。

しかし、メル友という相手には多少警戒してかなかなか詳しい話をしてくれない女性も多いものです。

よってしばらくメールを送りながら相手の様子をうかがって、メールをしやすい時間を探りましょう。

相手から来るメールの時間帯に注意し、どの時間帯だと相手から返信が来やすいのかを知りましょう。

そして、相手が夜型人間なのか朝方人間なのか、この点だけは少なくとも把握するべきだと思われます。

いくら好きな時間に送ることができるメールであったとしても、自分の都合に合わせたメールばかり送ってしまうことは、真逆なライフスタイルをとっている人にしてみればやはり迷惑に思われてしまう恐れがあります。

下手をすると返事がこなくなる可能性だってあります。

ある程度仲良くなってくると、どんなアルバイトをしているか、どんな時間帯で働いているか教えてくれるようになるかもしれません。

それまではコツコツと相手のライフサイクルを知る努力に励みましょう。

またフリーターの中には、働きながら資格試験の勉強をしていたり、何かを目指していたりする人も少なくありません。

そういった相手にはメールの時間を気にすることに加えて、励ますようなメールを送ることもポイントになってくるでしょう。

関連記事

メル友募集サイトで実った恋

私は高校卒業後、進学しないで地元の会社に就職しました。

ちょっとコネがありましたので。

もうすぐ1年がたちますが、最近やっと仕事にも慣れてきて我ながら仕事人っぽくなれたかなと思ってます。

会社勤めにも余裕がでてきたのでというわけじゃないけど、そろそろ彼氏もほしいので友人の紹介で合コンに参加したり、あちこち参加して探してるんですけど、なかなか自分の好みにぴったりな人が現れなかったんです、夜に携帯電話でネットしてた時、偶然見つけた出会い系サイトに興味がわいてきて早速登録してみました。

すごく緊張してて、誰も自分にメールくれなかったらどうしようと心配でなりませんでした。

メル友限定で募集したんですが予想以上にメールをいただいて正直びっくりしました。

会えるかどうかわからない相手からでも十分楽しいものなんですね。

しばらくメールのやりとりを続けてたんですが、そのうちある方に、この人はどんな男性なんだろうという興味がわいてきまして。

最初から自分でメル友限定にしてましたから今さら会いたいとも言い出せずに、さらに数ヶ月たちました。

いつまでもこのままだと一生恋人ができないなと思って思い切ってその男性に会ってみたいとメールしたんです。

その方は私よりもかなり年上で、私みたいな子でもいいと言って下さって、とりあえず一度会って食事をという話になりました。

子供っぽく見える私ですけどその方はとても礼儀正しく私と対等にお話して下さいました。

すごく嬉しかったです。

その方とは交際も順調に進んで今では私の彼氏です。

自分でも不思議な出会いに驚くばかりです。

交遊がひろがるということは素晴らしい

人間関係というものはどんな立場の人にとっても、大切なものです。

私はごく普通の主婦なので、行動範囲は限られていますが、そんなせまい世界でも、近所付き合いや子供の学校でのPTAなど、大切にしている関係はたくさんあります。

他人との関係の中で気付かされることは、大人になった今でも数えきれません。

自分の子供にも、他人とのコミュニケーションは大切にしてもらいたいと願っており、普段から「友達を大切にね」「どんな人とも接してみるのよ」と、言い聞かせています。

私の子供は、部活や委員会で活動しているので、友人が少ないわけではないのですが、学校から帰っても家にいることが多いので心配していました。

しかし、そんな心配は無用だったようです。

聞いてみると、メールや電話でコミュニケーションをとっているということでした。

友人たちと、放課後、休日、また学校にいるときですらメールなどを頻繁にしていて、仲良くしてもらっているみたいです。

確かに、いつでもどこでも連絡が取り合える携帯電話を持っているなら、無理して会わなくても関係を保つことができると思いました。

さらに、メールだけの関係、いわゆるメル友もたくさんいるようで、さみしい思いは決してしていないようです。

どのような形でも、交遊が広がるということは素晴らしいですね。

関連記事

出会い系サイトを利用する人たちの目的

出会い系サイトを使っている人みんなが会うことを目的にしているというわけでもないということは知っていますよね。

仕事場で仲間のような人はいてもプライベートでも友達になれるかというと、そうでもなく、仕事で仲間が出来ない人は増えています。

そんな人はコミュニケーションが上手に取れませんから、無料の出会い系サイトを使ってメル友を探すのです。

出会い系サイトを利用している人は目的がメル友を探しているだけという人もいます。

話し相手がいなくて悩みや愚痴を聞いてくれる友達がいないのでメル友を探しているのです。

親にはちょっと話せないし、仕事仲間にもはなすことが出来ないという話を誰かに聞いてもらいたいのです。

自分のことを知らない人に話を聞いてもらっただけでも心は軽くなるものです。

自分のことを何も知らない人なら何を行っても噂されたり批判される心配もありません。

お互いが悩みを話して、メールでコミュニケーションをとることをメル友は目的にしているのです。

メル友を探しているという人は、会いたいという誘いのメールなどしませんし、コミュニケーションをとってもし盛り上がって合いたいと思ったときに合えばいいのです。

メールのやり取りだけで親身になり深いコミュニケーションをとることは十分に可能です。

相手にとっても自分にとっても信頼できる関係が出来るでしょう。

時代が進化すれば出会いも進化する

固定電話が進化して現在の携帯電話に。

手紙が進化してメールへ。

新聞が進化してインターネット。

でいいでしょうか。

そして、最近の「メル友」とは「メール友達」の略語です。

いわいる「文通友達」ですね。

人は見えないものや隠されたものに対して神秘さを感じ、特にそういった出会いは劇的で、誰もが夢見てしまいがちでしょう。

最近ではそんなメールの出会いをテーマにしたドラマや映画なども話題を呼び、さらにロマンチックでドラマチックな‘出会いの方法’となっています。

これが「メル友」です。

皆さんも身に覚えがあると思うのですが、手紙やメールは、直接、相手と会って話すのとは違い、自分の考えや思いをとりあえず一方的に表現することができて、さらに見直しをしてじっくりと書き直すことも可能なので、口ではなかなか言えないことが書けたり、相手もその思いをじっくりと受け止めて、その返事もまた言葉を選びながら真剣に書いてくれるので、メールの相手とは精神的にとても親密な関係になりやすいです。

結果ドラマのような恋愛関係に発展することもあるようですね。

また、同じ趣味をもつ人を募集したサークル作りや、ボランティア仲間を全国から集めたり、と様々な目的が可能となる‘出会いの方法’メル友です。

雑誌や新聞で募っていたことが、インターネットが普及してさらに身近でお手軽になったので、みなさんもいろいろな交友を探してみるのもいいですね!

関連記事

メールで伝わること

メールというのは、本当にいいものだと思います。

同じ内容を伝えるにも、口で言うのと、文章にするのでは、違いがありますよね。

もちろんその文章の書き方によって、それは変わってきますが、単に連絡事項を伝えるだけではなく、また単なるコミュニケーションとしての手段としか思っていないあなたは、損しますよ!!笑。

例えば、同じ質問メールを5人の相手に一斉メールで送ったとします。

「いま、何色の服を着てますか?」にしましょうか?すると「黒です」だけの人もいますし、「バシッと黒でキメています!」「黒のベストとジーンズだよー」と色以外のことや、相手にも気遣うひと言まで入ってたり・・。

いろいろなんです(笑)そしてその印象や好意もまたいろいろになるわけです☆特に女性にとって、言葉は、魔力のような力を持っているのです。

また、口では言えないこともメールでなら言えたりしますから、悩み事なども打ち明けやすい・・という大きな利点もありますよね。

悩み事の相談にのってあげると、信頼関係や親密度がアップします。

ですから、良いメル友付き合いを続けるコツは、単なるコミュニケーションとしてのツールではなく、心こもったメールを心がける事ではないでしょうか?!メールは、書いた後に読み返す事ができますから、ちゃんと相手を想ってメールしましょう。

メル友とて、大事な知人となる

小学生からお年寄りまで、多くの人が携帯電話を所持する時代になりました。

大人と子供の意識は少々違いがあるようで、大人は子供に対して防犯の意味で携帯電話を持たせているという人が大半ですが、子供たちの多くは友達とのコミュニケーションの一環として携帯電話を持っているという意識が高い傾向にあります。

学校や部活動、塾などで近い年代の友達を実生活で作ることも出来ますが、インターネット上で知り合った人とメル友になることも大切なコミュニケーションとして捉えている学生が非常に多いようです。

もちろん、ただ闇雲に手当たり次第色んな人に声をかけてメル友になるのではなく、無料で利用できるコミュニケーションサイトなどを利用してメル友を見つけているようです。

メル友の相手は自分と同じ学生であったり、また同じ趣味を持つ人であったり、中には年の離れたメル友もいるという学生の声もよく聞きます。

実生活の中で友達がいるのに、どうしてメル友が必要なのか理解しがたいと考える大人が多いようですが、それは自分が学生時代だったころに携帯電話が今のように普及しておらず、携帯電話がなくても友達ができるじゃないかという考えからそのような言葉が出てしまうそうです。

しかし、今の学生たちは学校生活はもちろんのこと、部活動や塾などで昔の学生より忙しい日々を送っているのです。

その中で、学校が終わってから友達と遊ぼうと思っても時間が限られていますので、携帯電話を使って気軽に友達とメールのやりとりが出来るというのは貴重な時間を有効に使っているといっても過言ではありません。

その時代にあったコミュニケーション方法を賢く利用しているだけなのかもしれません。

関連記事

カテゴリー: メールで伝わる タグ:

メル友の募集サイトの特徴

メル友募集のサイトの特徴ですが、まずは年齢が18歳以上が対象になっています。

なぜ18歳以上なのかと言うと、メル友募集サイト内で万が一何かトラブルに巻き込まれた場合に、自分自身でしっかり責任がとれる年齢という事になります。

そして、メル友募集のサイトはあくまでもメールの友達を探すサイトであるのにも関わらず、出会い系サイトと勘違いし、異性とメールから仲良くなりたいと利用する人がいてますが、これは明らかに会員規約の違反になる行為ですし、それ以上にモラルを問われる問題です。

以前は、出会い系サイトとメル友募集サイトの線引きが曖昧なサイトが多かった事も事実ですが、現在はメル友募集のサイトは運営方針がしっかりしている大手の運営会社がほとんどで、出会い系サイトとはしっかりと区分されています。

異性との出会いを求めている人は出会い系サイトを利用し、メル友を探している人はメル友募集サイトを利用する事になっています。

メル友募集サイトでメル友を探しているのに、変な異性からのメールが届く・・・・といったケースは少なくなってきていますがまだ皆無ではないので、もしそうゆうメールが届いたら、運営サイトに報告しましょう。

もちろん、その相手には絶対にメールを返信をせずに一切関わらないようにしましょう。

自分の身を守ることも、自己責任の一つですね。


気持ちよくメル友募集サイトを活用するために

メル友が欲しいから、メル友サイトをいざ利用しようとすると、まず、その数の多さに戸惑うかもしれません。

とりあえず有料サイトか、無料サイト、どちらにしようかな。

いやいや迷わず「無料サイト」を選ぶ人がほとんどでしょう。

そもそも、有料サイトと無料サイトにはどんな差があるのでしょうか。

まず無料サイトは、そのサイトにもよりますが登録からすべてが無料。

そして有料サイトは、メッセージの送受信、プロフィールの閲覧なども有料です。

お金の面では当然、無料サイトの方がお得ですが、無料サイトには当然、人が集まります。

という事はライバルが増える。

そしてお気に入りの相手が見つかりにくい。

いつまで経っても良い出会いがない。

そんな状況である事も、理解してから無料メル友サイトを選んでくださいね。

メル友探しで、お金は使いたくない、と言う人はもちろん、初めて利用する人も、まずは無料サイトで様子をみてみるはどうですか?いずれ有料サイトを利用する時に、無料サイトで培った経験を生かす事もできるでしょうし、有料サイトの良さが、より分かって、有料であることを納得して利用できることでしょう。

無料サイトにも、有料サイトにも、それぞれメリットとデメリットがありますから、それを理解して、気持ちよくメル友サイトを活用して下さいね!あなたに合うサイトは、有料サイトですか?それとも無料サイトですか?

関連記事

本物のメル友と出会おう!

メル友から発展して結婚したカップルもいるくらいですから、心から気を許せる本物のメル友を探すことも可能です。

もちろん、相手のあることなのですぐには難しいかも知れませんが、メル友は意外な人脈をうみます。

メル友として知り合った人が学生時代のクラスメイトだったり、実は知り合いだったりということもあるのです。

もちろん、赤の他人から特別なメル友になることも大いにあることです。

知り合い方はごく普通です。

メル友募集サイトの掲示板に載っている人にメールを送ったら返事がきて、そのまま何度もメールを重ねているうちに共通点も増えてきて、実際に会おうと言うことになります。

これは女性の方が同性と出会う確率が高いのですが、会って話すことでより一層固く結ばれることがあるのです。

最初から「親友募集!」と書いても、逆に重すぎてメールが来ないかも知れません。

メル友は気軽にふとできるものなので、偶然の産物でもあります。

しかし、こちらが真面目な態度で相手と対峙すれば、相手も真面目になってくれます。

趣味や話が合わないなど、根本的な相性は仕方がありませんが、ある程度プロフィールを見てからメールをすればそこは解消できると思います。

メル友を探すにも真剣さが大切です。

人々が求める出会いとは

合コンや出会い系サイトなど、出会いのきっかけとなる場は様々です。

では、人々が求める出会いには、どのようなものがあるのでしょうか。

恋人が欲しい、メル友が欲しい、結婚相手を探したい、同じ地域に住む友達が欲しい、同じ趣味を持つ仲間が欲しい。

少し考えただけでも、これだけのものがでてきます。

人の求める出会いというものは、それだけ様々なものが存在すると言うことなのでしょう。

数多くの出会いの中で、自分の求める出会いはどのような出会いなのかをしっかりと認識することはとても大切なことです。

自分の求める出会い、自分の目的にあった出会い系サイトを利用することが、理想の出会いへの一番の近道だということを忘れてはいけません。

もしもあなたが恋人が欲しいと思っていたとして、実生活でなかなか理想の相手を見つけることができないのであれば、思い切って出会いの場を出会い系サイトに求めてみてはいかがでしょうか。

ネット上に出会い系サイトは無数にあります。

利用目的によって様々なサイトが用意されていますから、自分の目的にぴったりの出会い系サイトを利用すれば、それだけ理想の相手との出会いに近づけることになるでしょう。

あなたが利用した出会い系サイトに高機能な検索システムが用意されているならば、ぜひ活用することをお勧めします。

高機能な検索システムは、昔は有料出会い系サイトのみのサービスでしたが、最近では、無料の出会い系サイトでもそうようなサービスを提供するようになってきました。

高機能であればあるほど細かい条件で相手を検索することができますから、それだけ自分の理想の相手を見つけだせる可能性が高くなります。

出会い系サイトを利用するならば、有料無料にかかわらず、優良なサイトを利用することが大切です。

優良なサイトには多くの人が集まります。

人が多ければ、それだけ出会いのチャンスも広がりますし、様々なタイプの人の中から自分の理想の相手を探すことができます。

理想の出会い、素敵な出会いを手に入れるためのに、自分の目的にあった優良な出会い系サイトを利用しましょう。

関連記事

アーカイブ

Copyright© 2014 無料でメル友が欲しい方のための掲示板【myqride.com】 All Rights Reserved.